酵素ドリンクがダイエットに効果なんてない?という疑問

今や酵素=ダイエットという図式があたり前のようになっていますが、何故酵素はダイエットに効果があると言われているのでしょうか。まず酵素というのはタンパク質の一種で生の野菜や果物に多く含まれています。

ですが酵素は熱に弱いだけではなく、食べるためにカットをしただけでもその効果がどんどん失われていきます。つまり野菜や果物といった食材から酵素を摂取するのは難しいのです。そこで酵素ダイエットで用いられるのが酵素ドリンクです。

酵素ドリンクは、野菜や果物を発酵してつくった物になります。

ですから酵素ドリンクのラベルには、発酵飲料と記載されているはずです。ちなみに熱に弱いはずの酵素ですが、市販されている酵素ドリンクは全て加熱処理が義務づけられています。

では、酵素を身体に補う事が出来ないので、酵素ドリンクにはダイエット効果なんてないんじゃないのか?という疑問が湧いてきます。しかし、そもそも酵素ドリンクは酵素そのものを身体に補う為のドリンクではありません。

野菜や果物を熟成発酵させる事で微生物が人の身体に有益な様々な成分や物質が生産されます。酵素ドリンクの本当の意味は、酵素を摂取する事ではなくこうした成分や物質を体内に摂り入れる事にあるのです。

ちなみに酵素をそのまま摂取出来たとしても、タンパク質である酵素はアミノ酸に分解されてしまいますから酵素そのものを補うという事は元々不可能な事なのです。

しかし、発酵飲料である酵素ドリンクは腸内の環境を整え消化吸収の働きをサポートしたり、便通を整えるという効果があります。つまり体内で消費される消化酵素が無駄遣いされる事を防いでくれるのです。

また腸内の善玉菌を増やすことで体内でつくられる酵素を増加させる事が可能になります。酵素ドリンクは酵素を直接体内へ補う事は出来なくても、酵素を生み出すサポートをしてくれる事からダイエット効果が見られるのです。

酵素ドリンクはこれさえ飲めば何をしても体重が減るといったやせ薬とは違います。ダイエットの効果が中々現れないという人がサポート飲料として飲んだり、栄養価と吸収率の良いデトックス飲料、置き換え食品として使う事で真価を発揮するのです。人気の酵素ドリンクお嬢様酵素はこちら

チャップアップシャンプーの何が良い?リアルな口コミ・効果